ストレスが乾燥肌の原因【そのメカニズム・仕組みは??】

2014y01m05d_214300999

乾燥肌に悩んでいる方は日々何かしらの強いストレスを感じていませんか。実はストレスは乾燥肌の大きな原因となるので、注意が必要です。

ストレスが乾燥肌の原因!?

人は誰しもストレスを抱えています。

会社内での同僚・上司との関係や学校での友達関係、将来に対するプレッシャーや不安、金銭的なトラブルなど様々な事がストレス要因となるのですが、本当に多くの方が様々なストレスをかんじています。

一見ストレスがないように見える人でも何かしらのストレスを抱えているものです。最近は、ストレス社会と言われるほど、ストレスが多くなっているみたいですので、ストレスはこわいですね。

そんなストレスなんですが、実は乾燥肌の原因ともなるのです。その理由は、皮膚を外部からの刺激から守ってくれるランゲルハンス細胞の減少をストレスがもたらすからです。人の表皮は外側から角層・顆粒層・有棘層・基底層から構成されています。そして有棘層にランゲルハンス細胞は存在するのですが、それが肌を細菌やウィルスからのダメージから守っているんです。

なのに、ストレスによってランゲルハンス細胞が減少してしまうと肌はモロに打撃を受けてしまうので、肌が荒れやすく乾燥しやすくなるというわけです。そういった仕組みでストレスが乾燥肌の原因となり得るのです。

ストレスはその都度都度

ストレスは溜めてから一気に発散するよりもこまめに発散するのがいいみたいです。

なので、会社で1日嫌な事があった場合は出来ればその人のうちに発散しておきたいですね。一週間のストレスを土日にまとめて発散する方が多い印象を持っていますが、出来ればその日その日に発散する方がストレスによる乾燥肌のダメージを抑えることが出来ます。

と言っても中々毎日毎日ストレスを感じる度に友人や彼氏に会って鬱憤を晴らすなんて事はできないと思います。ストレスを発散するには友達や彼氏と会ってはき出すのが一番なんでしょうが、出来れば自宅で一人でも出来る発散方法を持っておいた方が便利ですよ。そうすれば、ストレスを感じたその日に必ずストレス発散が出来ますからね。

なので、彼氏や友達と会えない平日は自宅で自己流のストレス発散方法を使って、土日に友人や彼氏と会ってストレスをドカッとはき出すようにしたら一番良いんじゃないでしょうか。その方がストレスを体に溜め込むことが少なくなりますので、乾燥肌の方にはおすすめするストレス対策です。ですので、自宅で出来る発散方法も是非かんがえてみてください。

コメントを残す