乾燥肌には塩浴が良い【お風呂に塩を入れて保湿効果】

2014y01m05d_122523361

乾燥肌には塩浴が良いと聞いた事はありませんか。食塩の過剰摂取はよくありませんが、塩浴は乾燥肌に凄くいいんですよ。

塩浴で乾燥肌対策

塩浴とは、塩を入れたお風呂に浸かることです。

塩を入れたお風呂の場合、通常のお風呂よりも体が芯から温まるために代謝が良くなります。代謝が良くなり発汗が活発になります。また、マグネシウムには保湿効果があるので、塩浴は乾燥対策として人気なんですよね。

もちろんバスソルトのような高級なグッズを購入する必要はありません。普通にお店に売っている精製されていない自然塩をお風呂に50gほど入れれば良いんです。なので、すぐに誰でも実践出来ちゃいますね。また、塩はマグネシウムをたっぷり含んでいるものを選んでくださいね。マグネシウムが保湿効果を生んでくれるので、そこが大事ですよ。

塩浴では水分補給も大事

塩浴の場合、通常の入浴よりも代謝がよくなることで発汗が多くなります。ですので、十分に水分補給をして脱水症状にならないように注意してくださいね。また、脱水症状には及ばなくても水分補給は大事です。乾燥肌の方は水分補給がこまめに出来ていない場合が多々ありますので、保湿を得るためにも十分な水分を補給しましょう。乾燥対策には水分と脂質が大事ですからね。

出る際はシャワーをしっかり

塩浴を楽しんだ後はしっかりシャワーしてくださいね。

シャワーで塩を洗い落とさないとかゆみが出ることもありますので、出る際は必ず十分に塩を洗い落すようにしましょう。そうすることで快適に塩浴を楽しんで、乾燥対策ができますからね。

また、乾燥肌に悩む方は塩を直接顔や気になる箇所に軽くこすってあげるのも良いですよ。強くすると皮膚を傷つけることになりますが、軽くさする程度であれば塩が余計な老廃物を排除することが出来ますので、肌がツルツルになり気持ちいいです。塩浴をやった事がない方は是非塩浴をやってみてくださいね。代謝の効果をすぐに実感することが出来ますよ。

コメントを残す