鼻にニキビが出来る理由・原因【鼻の吹き出物の治し方】

2014y01m06d_092152913

皮脂分泌量が多い鼻ですが、皮脂が多いだけにニキビが出来やすい箇所でもあります。そんな鼻ニキビの出来る原因・理由と治し方について紹介させて頂きます。

鼻ニキビが出来る理由・原因

鼻は皮脂分泌量が多いことでも知られています。

また、鼻毛穴は深いです。なので、毛穴に汚れや皮脂が溜まりやすいんですよ。皮脂分泌量が多く、毛穴が深いという条件が揃っていますので、鼻ニキビは出来やすいです。

じゃあ鼻ニキビが出来る一番大きな理由は何か。

それは、実は触ることです。鼻ってついつい手で触ってしまいますよね。手には意外と多くの雑菌が常に付いていますので、雑菌の付いた手で鼻を触ることで鼻に雑菌が増殖しやすくなります。また、ニキビの原因であるアクネ菌は皮脂を好みますので、皮脂分泌が多い鼻は格好の場所になるんですよね。なので、手で触ることで鼻ニキビが出来やすくなります。

また、手で触る以外に粒子の細かいファンデーションも毛穴の深いところまで入ってしまい、肌のターンオーバーを乱れさせる原因になります。肌のターンオーバーが乱れると古い角質層が重なりニキビが出来ます。そのため、化粧品の毛穴への影響も大きいです。

鼻ニキビの治し方と対策

鼻はとにかくあまり触らないことです。

ただでさえ皮脂分泌量が多く、毛穴が深いので、触ることで簡単にニキビができてしまいます。ですので、触りたくても触らないようにしましょう。普段からついつい鼻を触ってしまう方は、少しずつ鼻を触る癖をなくしていきましょうね。

また、鼻の汚れをしっかり落としましょう。洗顔する際は毛穴をしっかり開かせて汚れを落とすために温かいお湯を使うと良いですよ。鼻の毛穴は深いので、しっかり毛穴を開かせてあげないと中々落とせません。特に最近のファンデーションは粒子が細かいので落としにくく、洗い残りが毛穴に詰まっているケースが多いです。そのため鼻ニキビが出来るので、クレンジングはしっかりしましょうね。

そして睡眠不足には気をつけましょう。睡眠不足ではホルモンバランスが乱れて皮脂分泌量がさらに多くなる傾向にあるので、睡眠時間が短い方は意識して睡眠時間を多くするようにしてみてください。睡眠の質も大きく影響しますので、時間を確保するだけではなく、深い睡眠を取れるようにすることも大切ですよ。寝る前に睡眠の質が落ちるカフェインを摂ったり、PCやスマホをいじったりするのでは出来るだけ控えましょう。出来れば寝る直前は部屋を暗くして寝る準備をしっかりすることが大切です。

コメントを残す